文字サイズ

【阪神JF馬体診断】クラヴァシュドール

 「阪神JF・G1」(8日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【クラヴァシュドール 評価A】

 同じハーツクライ産駒のウーマンズハートと違い、こちらは胴長でスラッとした姿形。しかし線が細いわけではなく、つくべきところに筋肉がついて見栄えがする。また、つなぎの角度が適正で少し長め。ストライドがしっかりと伸び、距離の融通性があるタイプだ。

 多少前が強いバランスだが、それでもトモに丸みがあるのは、ゆったりしたローテが奏功している。前後のバランスが良くなれば、さらに強くなりそうだが、前走がA級のパフォーマンス。その状態をガッチリと維持できていれば、ここも主役を張れる逸材だ。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉藤岡佑を背に栗東CWで5F69秒3-38秒6-11秒7(馬なり)。ミッキーメテオ(2歳1勝クラス)を0秒6追走して0秒3先着。折り合い重視のため全体時計は地味だが、ゴーサインを出すとさすがの脚力を披露。レース間隔はあいているが、馬体の緩みは一切なく、直前で強く追う必要がないほど完璧に仕上がっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス