文字サイズ

クロフネが種牡馬を引退 産駒に短距離女王・カレンチャンなどのG1馬

 短距離女王カレンチャンなどを送り出したクロフネ(牡22歳)が13日、種牡馬を引退することが明らかになった。

 ノーザンファームの吉田勝己代表は「今年も去年も種付けをしていなかったからね。いい子をたくさん出してくれた。この前、勝ったソダシ(牝2歳、栗東・須貝)は最後の大物になるんじゃないか」と語った。今後は功労馬として余生を送る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス