文字サイズ

ドバイ中止の余波…いまだ馬の帰国メド立たず 国枝師ら関係者戸惑い隠せず

 ドバイ国際競走が中止されたことを受け、24日の東西トレセンでは、出走予定だった馬の関係者から落胆と戸惑いの声が上がった。

 アーモンドアイ、カレンブーケドールの2頭と、スタッフ3人がドバイ入りしている国枝厩舎。馬の帰国に27日の便を手配したというが、「どうなるかはまだはっきりしない」と錯綜(さくそう)する情報に国枝師も戸惑いを隠せない。アーモンドの次走については、「普通にいけば安田記念(6月7日・東京)だろうけど」と話したが、それも順調に帰国し、状態を確認した上での話だ。また、グローリーヴェイズの尾関師は「なるべく早く馬を帰国させたいが、全くメドが立っていない」と焦燥感を募らせた。

 一方、栗東ではドバイターフを予定していたペルシアンナイト(牡6歳、栗東・池江)について、池江師は「手配できれば、27日の貨物便で。馬の体調次第ですが、安田記念を念頭に置いています」と話した。また、アドマイヤマーズ(牡4歳、栗東・友道)も状態が整えば安田記念へ。ラヴズオンリーユー(牝4歳、栗東・矢作)について矢作師は「馬の状態を見て、オーナーと相談してからになりますが、ヴィクトリアマイル(5月17日・東京)を視野に」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス