文字サイズ

体重オーバーの義英真騎手が引退「モチベーションの低下」

 義英真騎手(23)=栗東・フリー=が、引退することが明らかになった。10日、JRAが発表した。義は「僕のモチベーションの低下が引退の原因なので後悔はないです。中途半端にやっても迷惑をかけるだけだと思い、決断しました」と理由を説明。「ジョッキーだからこそ出会えた人、経験できたことがあると思いますし、感謝しかありません」と語った。今後は京都市内で飲食店を経営する。

 同騎手は、5日の新潟6Rハーキーステップで、公表された負担重量の55キロで騎乗できず、55・5キロでレースに臨んだ。このため、12日から11月10日まで30日間(開催日11日間)の騎乗停止処分となっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス