文字サイズ

中山で阪神で中京で…鎮魂の祈り 東日本大震災発生から7年

 東日本大震災から7年、半旗が掲げられ開催された中山競馬場
 黙とうをささげる武豊(右端)ら
2枚2枚

 東日本大震災から7年。JRAの全競馬場とウインズで11日、震災発生時刻の午後2時46分に黙とうが行われた。開催場の中山、阪神、中京競馬場では多くのジョッキーが参加。日本騎手クラブ会長の武豊は「忘れてはならない日に競馬で騎乗できるありがたさを感じています。復興に励む人たちのためにも競馬を盛り上げていきたい」と気持ちを伝え、福島県出身の田辺は「自分にできるのは競馬で精いっぱい騎乗すること。お互いに前を向いて頑張っていきたいと思います」と神妙な面持ちで語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス