文字サイズ

性加害報道の「ナイルレストラン」2代目店主、所属の芸能事務所「浅井企画」をクビに

 東京・銀座のインド料理店・ナイルレストラン先代店主G.M.ナイル氏が、所属していた芸能事務所「浅井企画」から18日付けで契約解除されたことが同日、事務所の公式サイトで発表された。

 浅井企画はこの日、公式サイトで「所属タレントについてのご報告」と題した文書を公開。「この度、弊社所属のナイルレストラン2代目 G.M.ナイルの重大な契約違反が判明いたしました。信頼関係を維持することが難しく、2022年4月18日付でG.M.ナイルとのマネジメント契約を解消することとなりましたので、お知らせいたします」と明かし、「ご迷惑をおかけした関係者の皆様には深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 G.M.ナイル氏は、14日発売の「週刊新潮」で知人女性に対する性加害が報じられていた。15日には息子で3代目店主のナイル善己氏が、ナイル氏の取締役解任を発表したばかりだった。「ナイルレストラン」は、東京・歌舞伎座の向かい側という立地もあり、故・中村勘三郎さんや市川團十郎さんといった人気役者にもファンが多いことで有名な料理店。

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サブカル系最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス