文字サイズ

フードジャーナリスト・はんつ遠藤氏、元AKBラーメン店主の“セクハラ告発”認めつつ反論も

 フードジャーナリストのはんつ遠藤氏が28日、自身のブログを更新。元「バイトAKB」メンバーでラーメン店店主・梅澤愛優香さんからセクハラ行為で“告発”されていることを認めた上で、一部について反論した。

 梅澤さんは27日に自身のツイッターで、「ラーメン評論家から受けたセクハラ」を告発。「Hさん」と仮名にした上で、泥酔したHさんからなれなれしく話しかけられ、写真撮影を頼まれて断ると「顔は写さないから身体だけ撮らせて」と要望されたなどのやりとりを挙げ「もうとにかく怖かった」と訴えた。さらに「その後連絡をしなかったら中傷されました」ともつづった。

 梅澤さんはこの投稿に先駆け、24日にツイッターで「ラーメン評論家の入店お断りします ラーメン評論家の方々とお会いしてきましたが、8割が私へマウンティングか言葉のセクハラが酷い人ばかりでした それもあり避けたら裏で中傷される始末 うちにはマイナスしかなかったです 今後ラーメン評論家、同業で評論してる方の入店を全店固くお断り致します」と明かしていた。

 梅澤さんの告発については、同日放送のテレビ朝日系情報番組「グッド!モーニング」でも紹介され、物議を醸した。これを受けてはんつ氏は28日、ブログで「それ、僕です!」と名乗り出た。「本当は何も言わないつもりだったんです。なんかカッコ悪いじゃないですかー」「いろいろ変だな?と思うところはあるけど、じっと黙ってようかと思ってた」としつつ、テレビ番組に触れ「自分が話した内容と、実際にまとめられた文章が、やっぱりなんか違う」と、説明に至った流れを記した。

 梅澤さんが告発した写真撮影については「これはひどい、はんつ遠藤。単なるエロおやじだ」と実質的に認めた。さらに「お酒飲むと泥酔しちゃって豹変というか、飲み始めて30分くらいですぐにダメ人間というか、人格破綻者になっちゃう。トンデモナイことを言いだすし」と泥酔を理由に挙げた。

 一方で「でも、また言わせてもらえば、なんか、不思議なんです」と反論も。梅澤さん側からの要望による梅澤さんが経営する店での会食であったとし、「不思議というのは、会いたいというから来たので、当然に普通の写真を撮っていいと思ったというか、梅澤さんを撮らないと鍋料理の宣伝もできない、ていうかその前段階で、御社のお店で飲み会だったら普通、店主の写真って撮りません?」とした。

 また、梅澤さんへの中傷については「いやいや。それは無いです」と否定。梅澤さんの経営するラーメン店と内装業者との金銭トラブルについて、別の知人から相談を受けていたとし、「相談されたことと梅澤さんが答えてることが真逆なんですね。。これ、僕的には友達を信じたいので、僕のほうが正しいとは思ってます」と訴えた。

 自虐と反論を織り交ぜて繰り返したはんつ氏は「とりあえず、本当に不思議だらけで、もう、なんというか、勉強になりました。。。」としみじみ。自身の酒癖を反省しつつ、「たまに梅澤さんを攻撃する人がいますが、それは違うよ。いいんです。このままで。女、子どもに手をあげては、いかんです」と、梅澤さんへの誹謗中傷はやめるように呼び掛け、締めくくりに「期せずしてラーメン評論家さん、フードジャーナリストさんたちにはご迷惑をおかけしました。申し訳ございません」と謝罪した。

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス