文字サイズ

へずまりゅう、炎上ユーチューバーに「人間としてのモラル持って」 自身は「反省したので発言する」

 元ユーチューバーでタレントの「へずまりゅう」こと原田将大氏が21日、東京・参議院議員会館で会見し、10月24日投開票の参議院山口選挙区補欠選挙に立候補することを正式に表明した。立花孝志氏が党首を務める「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)の公認。

 へずまりゅうは“迷惑系ユーチューバー”として名を馳せ、全国でトラブルを連発。昨年5月には愛知県岡崎市のスーパーで魚の切り身を食べて盗んだとして窃盗や威力業務妨害などの罪に問われ、今年8月に名古屋地裁岡崎支部から懲役1年6月、保護観察付き執行猶予4年の判決を言い渡されたが、控訴した。また、同7月には新型コロナウイルスに感染している状態で全国を転々。山口県内で接触した複数人が後に感染したことから、同県の村岡嗣政知事は会見で「いったい何てことをしてくれるんだ」と激怒していた。

 現在はYouTubeからアカウントを停止されているへずまりゅうは、自身の過去の迷惑行為について「最初は何でもする系のユーチューバーだったんですが、アクセスがまったく伸びなかった。金がなかったし、あの時ははそうするしかなかった」と説明した。

 “迷惑系ユーチューバー”増加の一因となっているという指摘については「正直、自分は命かけてやってたんで。自分ほど命かけてたユーチューバーっていないと思うんですよ、あれだけ迷惑掛けるやつって他にいないし、もう出てこないと思う」と回答。「自分のせいで(迷惑系が)出てきたのであれば申し訳なく思ってますし、そいつには発信したい。『やっても意味ないぞ』と。広告つかんし金にもならん」と語った。

 昨今はユーチューバーのトラブルや“炎上”が相次いでいるが、へずまりゅうは「みんな素人なんです。いきなり素人が有名になって、拡散力はあるけど他の人と変わらない」と持論を展開。「コムドットさんも数カ月おきに炎上してるけど、人間としてのモラルを持ってもらいたい。人に迷惑を掛けるやつが一番しょうもないので、その辺は今後も、何かした人がいれば発信していこうと。『おめえら、それは違うぞ』って」と呼びかけた。

 自身もトラブルが絶えなかったが、「たくさん変なことしてたお前が言うか、とか言われるけど、今はしてないですから。反省したっていう意味で、かなりの反面教師になる」と主張。「今後、何か悪いことしたら、総叩きしてください。もう悪いことは一切しないんで、発言してもいいんじゃないかなと。表現の自由とかもあるんで」と“更正”を強調した。

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス