文字サイズ

作曲家の小林亜星さん死去、88歳 「北の宿から」、多数のアニメ、CMヒット曲残し

 「北の宿から」などのヒット曲を手掛けた作曲家で、俳優、タレントとしても親しまれた小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため死去したことが14日分かった。88歳。

 小林さんは都内に在住し、妻と二人暮らしだった。5月30日に容体が急変し、救急搬送されたが、帰らぬ人となった。東京都出身で慶応大医学部に入学しながら経済学部に転部。作曲家の服部正氏に師事して音楽を学んだ。

 作曲家としては、レナウンのCM曲「ワンサカ娘」がヒットし、その後も“この木なんの木”のフレーズで知られる「日立の樹」などの人気CMソングを世に送り出した。  76年には日本レコード大賞を受賞した都はるみの「北の宿から」を作曲。アニメ主題歌も手掛け「ひみつのアッコちゃん」「魔法使いサリー」「ガッチャマン」「にんげんっていいな」(まんが日本昔ばなし)などを作り、多くの人に口ずさまれた。

 俳優としても、74年にTBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」で頑固おやじを好演。また、ユーモラスな雰囲気が人気で、タレントとしても活躍した

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス