文字サイズ

浅草演芸ホールが緊急事態宣言中も通常営業を宣言 「寄席は社会生活の維持に必要」

 新型コロナウイルス感染症対策として、25日から5月11日まで東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に対し改正特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されることが決定した。多くのイベントや公演が中止となる中、東京・浅草の浅草演芸ホールは24日、公式サイトで、25日以降も上演を継続することを発表した。

 サイトでは「4月25日からの営業」のご案内と題したお知らせを掲載。東京都から「無観客開催」の要請があったことを明かした上で、「『社会生活の維持に必要なものを除く』という文言があり、大衆娯楽である『寄席』は、この『社会生活の維持に必要なもの』に該当するという判断から、4月25日以降も通常通り営業することといたしました」と宣言した。感染予防対策として、定員の50%以下で営業することや、開演前の客席等のアルコール消毒、仲入り時の館内の換気の徹底を実施するという。

 東京・上野の鈴本演芸場も、公式ツイッターで「東京寄席組合(鈴本演芸場・新宿末廣亭・浅草演芸ホール・池袋演芸場)及び一般社団法人落語協会・公益社団法人落語芸術協会にて協議の結果『寄席は社会生活の維持に必要なもの』と判断し『4月25日以降の公演についても予定通り有観客開催』と決定いたしました」と発表。新宿末廣亭もツイッターで興行の継続を発表した。

 宣言の発令を受け、プロ野球は当該地域での試合を無観客にすることを決定。宝塚歌劇団は26日から宝塚大劇場と東京宝塚劇場での公演中止を決めた。歌舞伎座公演や、新橋演舞場での「滝沢歌舞伎ZERO2021」なども、発令期間内は軒並み中止となっており、エンターテインメント業界に与える影響は甚大となっていた。

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス