文字サイズ

作家・歌手の戸川昌子さんが死去

 昭和40年代、「青い部屋」でくつろぐ野坂昭如さん(右)と戸川昌子さん(NERO提供)
 亡くなった戸川昌子さん
 江戸川乱歩賞授賞式での戸川昌子さん。左にシャーロック・ホームズのブロンズ像が(NERO提供)
3枚3枚

 作家で歌手の戸川昌子さんが26日午前5時47分、胃がんのため静岡県内の病院で死去した。85歳。東京都出身。長男で歌手のNERO(年齢非公表)がフェイスブックで公表した。今年1月末に体調を崩し、静岡県浜松市内の病院で緩和ケア治療に取り組んでいた。通夜は5月4日午後6時から、葬儀・告別式は5月5日午前10時から東京都大田区東海1の3の1、臨海斎場で。喪主はNERO(本名戸川尚作=とがわ・しょうさく)。

 1931年、東京・青山生まれ。50年代後半、東京・銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」で歌手デビュー。代表作は「リリー・マルレーン」で、アルバムを4枚発表した。

 推理小説も執筆し、62年に「大いなる幻影」で江戸川乱歩賞。64年、直木賞候補となった自作を日活で映画化した「猟人日記」で女優デビューした。

 コメンテーターとしても「三時のあなた」「11PM」「ライオンのいただきます」などで活躍。46歳で長男を出産した際には、当時の有名人による“最高齢出産記録”として話題になった。

 67年、東京・渋谷にシャンソンバー「青い部屋」を開店。三島由紀夫、川端康成、野坂昭如、岡本太郎、なかにし礼、太地喜和子ら多くの文化人、芸能人らと交流した。

 2013年11月~14年4月にはデイリースポーツでコラム「魔女の告白」を連載した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス