文字サイズ

平良とみさん おばぁ逝く 87歳

 NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」のおばぁ役として知られる女優の平良(たいら)とみ(本名トミ子)さんが6日午前4時27分、敗血症による呼吸不全のため那覇市の病院で死去した。87歳。那覇市出身。葬儀・告別式は8日午後2時から那覇市銘苅3の22、サンレー那覇北紫雲閣で。喪主は夫の俳優・平良進(たいら・すすむ)=(80)。

 平良さんは13歳の時に石垣島で沖縄芝居の世界に飛び込んだ。戦後は翁長小次郎一座などで沖縄歌劇、沖縄芝居の名脇役として人気俳優に。本土復帰後は全国巡演で沖縄芝居を本土に紹介するなど、沖縄芝居の伝統の保存と発展のため尽力した。進とは1950年に結婚し、おしどり俳優として知られた。

 1999年、映画「ナビィの恋」のおばぁ役で全国的にも注目を集め、2001年、「ちゅらさん」でヒロイン・えりぃ(国仲涼子)の祖母を演じて大ブレーク。沖縄の言葉「ウチナーグチ」をゆっくりとしたテンポで話す様子や小柄な容姿、ちゃめっ気のある笑顔で、日本中の人気者になった。

 「ちゅらさん」は07年の4作目まで続編が制作される大ヒット作となり、平良さんは01年の「NHK紅白歌合戦」の審査員も務めた。昨年9月に出演した「五人の母」が最後の舞台になった。

 進によれば生前の平良さんは全国のファンに「いつもいつも感謝しており」、「これからも後輩のためにも、頑張りたい」が口癖だったという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      おくやみバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス