文字サイズ

藤圭子さん“怨歌”体現!不世出の歌手

 昭和の歌姫として、音楽史に華々しい軌跡を残した藤圭子さんが22日、人生の幕を下ろした。貧困を極めた幼少期。デビュー後の1970年には、高度成長期から取り残された庶民の“怨歌(えんか)”を体現する歌手として、安保世代からも絶大な支持を受けた。その後の突然の引退、そして2人の夫との結婚、離婚を繰り返し、1人娘の宇多田ヒカル(30)を平成の歌姫に育て上げた。たぐいまれな才能を持った歌手・藤さんの62年の生涯とは‐。

 普段から無口だった。ベタベタした人間関係を築くこともなかった。藤圭子さんの絶頂期を知る関係者は「いつも孤独な感じだった」と振り返る。それが、藤さんの歌い上げた世界観だった。

 藤さんは51年7月5日、岩手県一関市で生まれ、北海道旭川市で育った。父は浪曲歌手。母は目が不自由な三味線奏者。幼いころから旅回りの生活を送った。関係者によれば「その日食べることもままならない、大変な生活だったようです」という。そんな貧しい生活を支えるために歌手を目指した藤さんを、作詞家の石坂まさを氏が見いだした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(おくやみバックナンバー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス