文字サイズ

蛾次郎、光本さんの急死にショック

 劇団新派の舞台などで活躍し、映画「男はつらいよ」シリーズの初代マドンナを務めた女優の光本幸子(みつもと・さちこ、本名深谷幸子=ふかや・さちこ)さんが22日午後6時10分、食道がんのため東京都台東区の病院で死去した。69歳。

 光本さんは昨年12月15日に都内の映画館「銀座シネパトス」で娯楽映画研究家・佐藤利明氏(49)とトークショーに出演。初代マドンナということで「男は‐」特集の初日にゲスト参加し、これが最後の公の場だった。

 佐藤氏は「笑顔で撮影当時の思い出を楽しんで語っていらした。昨年は11月の葛飾など計5回も光本さんとご一緒にイベントをさせていただいた。普通にお元気でいらしたのに」と悼んだ。

 寺男の源公役で第1作からレギュラー出演し、デイリースポーツでコラム連載中の俳優・佐藤蛾次郎(68)は「昨年11月24日に東京・葛飾で行われたトークショーで佐藤利明さんを交えて3人で集まった。光本さんは源公が仕えた“御前様”の娘役だが、実は僕とは映画の撮影で1回も絡んでないんですよ」と、当時を振り返った。

 蛾次郎は「久しぶりにお会いして、光本さんは『今度、利明さんやシネパトスの支配人さんら、みんなでガジさんの店に飲みに行くわ』と言ってくださった。病気の“びょ”の字も感じないほどお元気でしたが、今にして思うと『首のあたりが痛いのよ』と言われていたことが気になった。ショックです」と、再会を約束した矢先の突然の死に衝撃を隠せなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(おくやみバックナンバー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス