文字サイズ

有森也実が涙…すまけいさん告別式で

 「アングラの帝王」と呼ばれ、舞台や映画「男はつらいよ」シリーズなどで活躍し、今月7日に肝臓がんのため78歳で亡くなった俳優のすまけい(本名・須磨啓)さんの葬儀・告別式が13日、東京・新宿の最勝寺で営まれた。式場には女優の有森也実(46)、俳優の山西惇(51)、演出家で俳優の白井晃(56)らが弔問に訪れた。

 映画「キネマの天地」(1986年)で、すまさんと共演して以来の付き合いだったという有森は「毎年年賀状に“また、ご一緒できたら”と書いてたんですが、もう書けなくなってしまいました」と涙をこぼした。

 同作で「ブルーリボン賞」の新人賞を獲得すると、助演男優賞を獲得していたすまさんが花束を手渡してくれたという。「偉大な役者さんでした。出会えて、お仕事ができてよかった。ありがとうございます」と感謝は尽きなかった。

 出棺時には喪主の妻・洋子さんがあいさつ。すまさんが病床で意識もうろうとなりながらも「ここはどんな劇場だろう」と役者魂を見せていたことを明かすと、参列者からおえつが漏れていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(おくやみバックナンバー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス