文字サイズ

キムタク連日の炊き出し「必ず前に!」

 来場者と交流する神田正輝
1枚拡大

 熊本地震の発生から2カ月となった14日、石原軍団とSMAPの木村拓哉(43)、TOKIOの長瀬智也(37)、V6の岡田准一(35)が熊本県南阿蘇村などで炊き出しを行った。11日から前日までは益城町で炊き出ししていたが、この日は南阿蘇村の特別養護老人ホームと西原村の山西小学校に出張。陣頭指揮を執る舘ひろし(66)らと共に黙とうした木村は、被災者のTシャツに「必ず前に!」と書き込み、エールを送った。炊き出しは15日まで行われる。    

 木村や舘が帽子や手ぬぐいを頭から外す。1分間の黙とう。さまざまな思いを脳裏で反すうし、南阿蘇での炊き出しを始めた。

 石原軍団が11日に開始し、木村らジャニーズの3人が12日から参加している益城町の炊き出しはオープンスペースの競技場だったため、写真撮影などに応じることが気軽ではなかった。

 この日は施設の敷地内。木村が顔をくっつけるようにして2ショット撮影を繰り返し、舘や長瀬らもおどけた表情でカメラに収まった。泣き出す職員、拝むおばあちゃん。「元気食堂」の名前そのままの熱気だった。

 前震から2カ月。国道とつながる阿蘇大橋が崩落し、老人ホームの職員たちは以前の3倍の通勤時間を強いられている。総合施設長の吉村浩介さん(55)は「いただきたかったのは元気。ご利用している方もそうですが、職員も被災して気持ちがいつ切れてもおかしくなかった。どんよりしたものがパッとなった」と感謝した。

 炊き出し終了後、木村は1人の男性にサインを求められ、Tシャツに「必ず前に!」とメッセージを書き込んだ。キムタク流のエールだった。

 前日には、熊本入りする際の飛行機から見た光景をこう語っていた。「最初に目に飛びこんできた感じは、どこなのか誤解してしまうような…ブルーシート(の掛けられた住宅)や崩壊した建物…どう理解していいのか言葉を失う感があった」

 2カ所目となった西原村を含め、600人への出張炊き出し。「必要性をすごく感じた」と、思いは日に日に強くなっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ジャニーズバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス