文字サイズ

小西博之の腎臓がん 45歳の時に発覚

 俳優でタレントの小西博之(56)が7日深夜にテレビ東京系で放送された「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞けるマル秘料亭~」に出演し、末期の腎臓がんと診断されていたことを告白した。腫瘍の大きさは縦が20センチ、横が13センチで、医師からは「日本の腎臓がん史上、腫瘍の大きさが5本の指に入る」と告げられた。生存率2%の中、手術を受け、驚異の体力で回復した。

 末期の腎臓がんと診断されたのは2004年。45歳の時だった。多忙だった小西は定期検診を受けることもなかった。しかし、「体にいいこともしよう」と思い立って禁煙。その結果、15キロ太った。そのためにダイエットに取り組み、体重が減っても「病気でやせているのかどうか分からない」状況だったという。

 04年8月の終わりにアフリカにロケに行き、帰国後には若干の異変を感じ、同年10月にはビールの味が分からなくなったという。小西は「12月になって人間の3大欲求がなくなった。まず食欲がなくなり、次に性欲がなくなり、睡眠欲がなくなるんですよ」と振り返った。

 それでも病院に行かなかった。しかし、Vシネのスタッフが体調の異変に気づき、「お前の声は、がんの声や」と指摘。同月23日に血尿が出て、ようやく病院へ。腎臓がんと診断された。医師にステージを聞くと、「ステージはない」と末期中の末期だったことを告げられた。余命を聞くと、「即死」と言われたという。

 大学病院で精密検査を受け、「日本の腎臓がん史上、腫瘍の大きさが5本の指に入る」とも宣告された。手術当日、開腹したところ、医師は「リンパが腫れているから全身にガン細胞がいってるでしょうから絶対無理です」と助かる見込みがないことを家族に告げたという。

 しかし、術後1週間の検査で医師が「ガン細胞が見受けられません」と診断。大学病院の泌尿器科部長が「神様のおかげかな」と小西の驚異の回復力に驚いたという。健康状態を示す数値も正常値内に入り、医師から「宇宙人」と感心された。

 小西は退院時を振り返り、「病院を出て建物を見て泣き崩れました。末期病棟だったんです」と述べた。術後、わずか9日目だった。それから5年後、検診時に医師が「完治!」と告げた。小西は「先生が号泣して。僕も泣きながら」と振り返り、あらためて生存率が何パーセントだったのかを尋ねると、「2%なかった。よく助かってくれた」と話したという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    病気・けが最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス