文字サイズ

美容のためなら何でも試すヴィクトリア・ベッカム、卵の白身を顔に塗りたくる

 ヴィクトリア・ベッカム(45)は卵の白身でフェイスパックをしたことがあるそうだ。美容のためなら何でも試すというヴィクトリアだが、生の食材を使うことは最もおかしな体験のうちの一つだったという。

 英エル誌にヴィクトリアはこう明かす。「美容のために試した最もクレイジーなことは、生卵の白身をパックとして顔に塗ったことね」「最近買ったコスメ品はたぶんフェイスマスクじゃないかしら。サラ・チャップマンの3Dモイスチャー・インフュージョン・マスクが大好きなの」

 そんなヴィクトリアは、眉毛にはこだわりがあるそうで、こう続けている。「眉毛にはこだわっているの。私の眉毛はロサンゼルスに滞在している時に、(アナスタシア・ビバリーヒルズの)アナスタシア・ソアレにやってもらうだけ。だからこまめには眉毛を抜いてもらっていないということね」

 さらに、自分のケアをするのにどのくらい時間をかけるのか聞かれたヴィクトリアは、「かなり長い時間ね。でも自分のケアをきちんとすることに罪悪感を感じるべきじゃないわ」「うぬぼれはネガティブなことだけじゃないと思う」「ポジティブな面もあるはずよ。最高の自分を見せたいでしょ」と答えている。

 また、メイクに関しては「これまでで学んだ一番大きな美容のレッスンは、シンプルなほうが良いってこと。自分自身を受け入れて、自分を変えようとしないで」ともコメントしている。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス