文字サイズ

アーノルド・シュワルツェネッガー ほぼヴィーガンな生活がピンチに…

アーノルド・シュワルツェネッガー(72)は現在99%ヴィーガンだという。僅かな例外を除き、肉や乳製品を完全に断った生活を3年に渡って続けているそうだ。

 しかし、11月8日に日本で公開される「ターミネーター:ニュー・フェイト」のプロモツアーで、その規律正しい食生活が混乱を極めてもいるという。エンタメニュースサイト「ラッドバイブル」に向けた動画撮影の際にも自身のヴィーガン生活が乱れに乱れたようで、故郷のオーストリアやアメリカのお菓子を並べられ、好きなものを食べて欲しいと言われたとして、アーノルドは「俺の食生活がめちゃくちゃにされた!キプファール・クッキー、オレオ、トゥインキ-、ザッハトルテ…」と愚痴をこぼしていた。

 ちなみに、現在の日常の食事メニューはボディビルダー時代のそれとは全く別物だそうで、若い頃はツナ、肉、卵、鶏肉で筋肉を成長させ、1日5回とんでもない量の食事も全く苦にならなかったそうだ。

 2013年の映画「大脱出」での有名なセリフ「お前ベジタリアンみたいな殴り方するな」も前言撤回、2015年にアーノルドは、「今、毎年700万人の人間が亡くなっている。これは警告であって政府は人々を守る責任がある。温室効果ガスの28%は肉食、牛を育てることで発生している。もっと上手いやり方があるんだ」と訴えてもいた。

 そんなアーノルドは先月、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリ(16)に電気自動車を渡して話題にもなっている。グレタはノルウェー/スウェーデンのテレビ番組「スカヴラン」で、「私がオファーを受けた一番おかしなものは、アーノルド・シュワルツェネッガーから、必要なら電気自動車を貸すよっていう提案でした」と明かしていた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス