文字サイズ

ジェニファー・アニストン、レーザー治療で1カ月も顔が血まみれに!

 ジェニファー・アニストン(50)が過去にレーザー治療を受け、術後は1カ月も顔が血だらけだったそうだ。そんな体験を通して、ジェニファーは短期間での治療が結局はより多くの被害を被ることを学んだという。

 ジェニファーはVogue.comにこう話す。「10年ほど前にレーザー治療を受けたんだけど、その後1か月くらいは顔が血まみれだった」「アグレッシブにやり過ぎちゃったの。それで、短期間には効果があるかもしれないものって、長い目で見れば結局は悪影響になりえるんだって気づいたわけ」

 そういった手術を受けるかわりに、7年間アビーノの広告塔を務めているジェニファーは、シンプルなスキンケアを心掛けるようになったそうで、「私達って高価なパッケージに包まれた商品により説得力を感じてしまうものだけど、スキンケアに関して言えば、シンプルであればあるのほど良いものだって気づいたの」「科学の面にも興味津々よ。面白味を感じるし、アビーノのようなコスメブランドに携わることで、実は肌には良くない化学物質がたくさん、市販の製品に含まれているってことを知るようになったわ」と続けた。

 また、家で使用できるビューティー機器も好きで、エクササイズの後には赤外線サウナや、様々なフェイシャル器具を使っているそうだが、毎朝冷水を顔にかけることで若い肌を保っているともジェニファーは明かしている。「私のフェイシャリストが教えてくれたんだけど、洗面器に冷たい水を入れて25回顔にかけるの。ジョーン・クロフォードも昔やっていた定番の技だけど。これで肌が'シャキッとするのよ」(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス