文字サイズ

ジョージ・クルーニーの愛車がオークションに

 ジョージ・クルーニーが愛車のハーレーダビッドソンをオークションに出品している。ジョージは、負傷した退役軍人に暮らしやすい自宅をプレゼントすることを目的とした「ホーム・フォー・アワ・トゥループス・ベテランズ・デイ・セレブリティ・オークション」に、ハーレーダビッドソン社製2017年式ツーリング FLHTK ウルトラリミテッドを出品した。

 今年7月にイタリアでスクーターを運転中に車との衝突事故に遭ったジョージは、骨盤への後遺症や、踵や腕に痣が残っていると言われている。

 イーベイの商品ページにはこう注釈が付けられている。「ジョージ・クルーニーはバイク事故に遭って以来、妻のアマルに二輪車はやめた方がいと忠告されています。ジョージは走行距離が25マイル(約40キロ)しかないカスタムされたハーレーの新車を買ったばかりでした。もし落札できれば、それがあなたの物となります。尚、ロサンゼルスまで取りに来てもらうことになりますが、ジョージがサインしてくれるでしょう!!」

 9日間の間に入札を受け付けている今回のオークションは、2万5000ドル(約280万円)で始まっている。

 20フィート(約6メートル)ほども投げ出され、ヘルメットで窓ガラスが粉々になるほどの衝撃だったとされる危険な事故後、ジョージはイタリアの自宅で2014年に結婚したアマルがジョージの看病をしていた。(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス