文字サイズ

オダジョー主演「家族のうた」第4話は3・1%…低視聴率で打ち切り

 【2012年5月13日付デイリースポーツ紙面より】

 俳優・オダギリジョー(36)が主演するフジテレビ系ドラマ「家族のうた」(日曜、後9・00)が、6月3日放送の第8話で終了することが12日、同局から発表された。低視聴率を受けての事実上の打ち切りとなった。

 4月15日に放送された第1回の平均視聴率が6・1%にとどまると、以降も低迷。第2話3・6%、第3話3・4%、第4話3・1%と下がり続けた。通常、民放の連続ドラマは全10~11話の構成となっているが、前倒しされることになった。フジテレビは、第8話での終了について「数字の影響はありました」と説明した。

 7月からは同枠で、俳優・豊川悦司(50)と人気子役・芦田愛菜(7)がダブル主演するドラマ「ビューティフルレイン」がスタートするが、6月10日以降の“代替番組”は未定という。

 「家族のうた」は、オダギリ演じる元人気ミュージシャンが、家族を通じて成長していく物語。放送前には、87年放送のTBS系ドラマ「パパはニュースキャスター」の設定と似ていると話題になり、指摘を受け、一部を変更していた。(数字はビデオリサーチ関東地区)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス