文字サイズ

高島彩のウエディングドレス、一瞬見えた~!

厳戒態勢の中、結婚披露宴を行った高島彩(左)と北川悠仁=横浜市内のホテル<br /><a href=http://sp.daily.co.jp/gossip/flash/20131003391.shtml>拡大写真はこちら</a>
 【2012年2月26日付デイリースポーツ紙面より】
 昨年10月に結婚した人気デュオ・ゆずの北川悠仁(35)とフリーアナウンサーの高島彩(33)が25日、横浜市のホテルニューグランドで披露宴を行った。昼夜2部構成で約500人が出席し、小田和正(64)、笑福亭鶴瓶(60)、さだまさし(59)、フジテレビの中野美奈子アナウンサー(32)らを招いての豪華な宴席。郷ひろみ(56)や松任谷由実(58)らがそれぞれの楽曲を歌い、新郎新婦は涙を流して聴き入った。
 夜の部の披露宴はまるで豪華なディナーショーだった。乾杯の音頭を取った郷ひろみが2人のリクエストに応えてワンフレーズだけ「お嫁サンバ」を披露すると会場は大盛り上がり。そして、ゆずが“コンサート”の口火を切った。北川は相棒の岩沢厚治(35)とともに、高島のために作ったという新曲「キミとボク」を披露した。
 出席者によると「これからは2人で一緒に生きていこう。ぼくが君を守る」という趣旨の楽曲で、高島は聴きながら涙を流していたという。
 さらに松任谷由実が夫の松任谷正隆氏(60)のピアノ伴奏で「守ってあげたい」を披露。北川が生まれた年に同ホテルで挙式したという夫妻の温かいコラボに北川、高島とも号泣だった。また、aiko(36)が「カブトムシ」、槇原敬之(42)も「ANSWER」をプレゼントした。
 最後に高島は北川を世の中を動かす風に例え「わたしは風にはなれないけれど、風車(ふうしゃ)となって風を送り出すことはできます」とあいさつした。夫を支えていこうとする妻の決意に会場は感動の渦に包まれていたという。
 涙あり、笑いありの披露宴で出席者はみな大満足の笑顔。報道陣は一切シャットアウトされ、会場に近づくことさえできなかったが、2人は友人らとの記念撮影タイムに偶然窓から後ろ姿ながらツーショットを見せた。昨年10月20日に山梨県北杜市小淵沢町の身曾岐(みそぎ)神社で結婚式を行い、同日に横浜市内で入籍したが、結婚後のツーショットはこれが初めてだった。
 なお、引き出物にはフランスのブランド「クリストフル」の小物、マカロンやバウムクーヘンなどが贈られた。

関連ニュース

デイリーペディア

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス