文字サイズ

「鎌倉殿」まさか 暗躍の大江広元が「阿野全成」推薦 ネット驚き「全成派なのか」「本心か」

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は3日、第26回「第26回悲しむ前に」が放送された。

 落馬した源頼朝(大泉洋)が昏睡状態となり、鎌倉は次の鎌倉殿を巡って権力闘争が勃発。息子源頼家(金子大地)を推す比企能員(佐藤二朗)に対抗して、北条の父時政(坂東彌十郎)と継母りく(宮沢りえ)は娘婿で頼朝の弟阿野全成(新納慎也)をたてた。

 頼朝が息を引き取ると、鎌倉首脳が集まった場で比企能員と北条時政が衝突するが、これまで頼朝のブレーンとして非情謀殺などで暗躍してきた文官・大江広元(栗原英雄)が激しく机を叩き、「ひとまず全成殿に任せ、若君が十分に成長されたところで、鎌倉殿の座をお譲りになるというのはいかがでしょうか」と言い出した。

 策謀と裏切りを繰り返す暗黒闘争が始まる中、ネット上は「大江殿、全成派なのか」「大江殿が意外にも全成支持」「おっと大江」「大江殿が全成推しとは意外w」「驚いたけど。あれ、広元の本心と取っていいのか」と驚きの反応が相次いだ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス