文字サイズ

海老蔵、名前に深い愛着 團十郎襲名間近「海老蔵やめるのは抵抗ある」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)が23日、都内で東京・歌舞伎座での公演「七月大歌舞伎」(7月4~29日)の第2部「夏祭浪花鑑」「雪月花三景 仲国」の取材会に出席した。海老蔵は11・12月に「十三代目市川團十郎白猿」を襲名する。会見後には海老蔵と同時に「八代目市川新之助」を襲名し、新之助としての初舞台を踏む長男・堀越勸玄くん(9)と長女・市川ぼたん(10)も登場。親子3人で取材に応じ「七月大歌舞伎」や襲名への思いを語った。

 海老蔵は「25歳で(海老蔵を)襲名して、本当にいろんなことがありました。海老蔵という名前は、日本でも多くの方に知っていただけるようになった。愛着のある名前をやめるのは正直、抵抗がある」と心境を吐露。「『誰も知らない團十郎』という新しい世界に入っていくことは大変勇気のいる行動。名前を変えるというのは自分だけのことではなく、歌舞伎のために生きられる部分が大きくなると感じています」と決意表明をした。

 7月の「-仲国」では、歌舞伎座の本興行として親子3人初共演。海老蔵は「うれしいですね。3人で歌舞伎座に出られることを夢見て準備をしてきた」と明かした。「『夏祭-』で成田屋の親子が共演するのも初めて。麗禾(れいか=ぼたんの本名)も本興行で歌舞伎座に出られる。初ものづくしです!」と笑顔を見せた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス