文字サイズ

GACKT「髪の毛は指の間から抜け落ち、肌は象のようになった」壮絶闘病明かす 活動休止後初の公の場

 感謝状を手にするGACKT=撮影・北村雅宏
 写真に納まるGACKT(中央右)=撮影・北村雅宏
 再生医療支援のイベントに出席したGACKT(撮影・北村雅宏)
3枚

 重度の発声障害などの体調不良や免疫機能低下による脱毛症などで活動休止中の歌手・GACKT(48)が17日、大阪市内で行われた再生医療支援のイベントに出席した。2021年9月に無期限活動休止を発表して以来、初めての公の場。現在はマレーシアに拠点を置き、福岡のクリニックで再生医療の治療を受けるために帰国する生活。一時は髪の毛が「指の間から抜け落ちるほどで、肌は象(ゾウ)のようになった」と壮絶な闘病を明かした。

 軽やかな足取りで会場に姿を現したGACKTは黒いジャケットに黒いパンツ、サングラス姿。「皆さん、こんばんわ、お久しぶりです、GACKTです、久々なのでちょっと緊張します」と第一声。発声障害はかなり回復しているようで、声に違和感もなく、「(一番悪い時は)髪の毛は指の間から抜け落ちるほどで、肌はゾウのようになった」と明かした。

 この日は、本人いわく「すっぴん」だそうで、「すっぴんなんですけど、ここまで回復しました」と伝えた。

 同イベントでは、障がい者への治療費支援や再生医療に関する研究費支援を目的とした基金の立ち上げが発表された。

 GACKT自身も21年末から国内で再生医療の治療を受けており、治療を担当する医療施設が5月16日に「自己免疫の異常による免疫低下に伴う肝機能障害ならびに呼吸機能低下、免疫低下による全身皮膚炎及び脱毛症、発熱及び疼痛、並びに声帯機能の低下」と病状を発表。発声障害は通常治療で回復傾向にあるが、神経系疾患による免疫不全による全身皮膚炎や脱毛症が進行しており、GACKT本人の細胞を用いた幹細胞治療を開始していると説明していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス