文字サイズ

木下優樹菜 中1で副番長に「タイマンもしてました」

 木下優樹菜が21日に公開されたYouTubeチャンネル「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」に登場。芸能界デビューのきっかけなどについて語った。

 公開されたのは「【前編】木下優樹菜/ヘキサゴンで結婚も紳助引退で闇に消えた…/事故寸前いいとも最終回」という動画。

 優樹菜は中学時代の自身について「ママとケンカして、1人で家出して公園で寝たりとか。ゲーセン(ゲームセンター)行って補導されるという…タイマンもしてました」とあけっぴろげに語った。

 葛飾区の中学校に通っていた(中1)の時、「先輩に招集されて」各学年の番長、副番長を決めるトーナメント(戦い)に参加。決勝まで行き、「決勝の相手がマジ強くて。痛いし。もう無理です、って(負けて)。自動的に副番長になって」と説明した。自由を求めていたという優樹菜は、この時すでに髪の毛を染めたり、ピアスの穴を開けていたという。

 副番長や番長になりたいわけではなかった、とも話した。

 中2の時にモーニング娘。のオーディションに応募。最終で落ちた時には、つんく♂に「私、何で落ちましたか?」と聞いたところ「協調性がない」と言われたことも明かし、「納得。つるむのとかもチョー嫌い」と笑顔で振り返っていた。

 YouTubeの収益のほか、SNSでプロデュースした商品の発信を行っている優樹菜。4月にはすっぴん顔を披露し、ゆりやんレトリィバァ似などと反響を呼んだ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス