文字サイズ

フジ山崎夕貴アナ「毎日当たり前」夫・おばたの愛情表現明かす

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサーが12日、同局系「トークィーンズ」に出演し、夫のタレント・おばたのお兄さんから言われる「好き」という言葉についての実情を明かした。

 この日のゲストはお笑いコンビ・ロッチの中岡創一。10年交際している6歳下の恋人がいるが、「呼び捨てで呼べない」「『好き』と言えない」「自ら手をつなげない」と愛情表現が足りていないことを自ら明かした。

 山崎アナは「好き」について「毎日当たり前のように言われてますよ」とサラリ。おばたのお兄さんは「けっこうアメリカンっぽいところがある」とし、「わたしも、そんなに人生で言われたことなかったんですが、ペラッペラの『好き』でもうれしいですよ」と形だけの「好き」でもOKと説明した。

 「ペラッペラ」にスタジオがざわつく中、山崎アナは「別に感情こもってなくても『好き』ってポッと言うだけで(パートナーは)うれしいと思います」とアドバイス。中岡は「感情こもってないの、イヤでしょう」とツッコんだが、山崎アナは「(感情がこもっているかどうか)わかんないです」。「ペラッペラ」を上回る大ざっぱな受け止め方を明かし、笑わせた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス