文字サイズ

日テレ岩田アナ、歌唱王1次予選に挑戦も加藤浩次「ベストか、岩田?」

 日本テレビの岩田絵里奈アナウンサーが30日、同局「スッキリ」企画で2カ月間取り組んだ「歌唱王への道」での1次予選に挑戦。残念ながら敗退となったが、加藤浩次から「もっとできると思う」とハッパをかけられ、来年も挑戦する意思を示した。

 この日は約2カ月、歌が苦手な岩田アナが歌がうまい人だけが出演できる「歌唱王」に挑戦する企画の最終回。カリスマボイストレーナーのりょんりょん先生からみっちり特訓を受け、1次予選に挑んだ。

 「歌唱王」の今年の応募は1万7000件。最終予選に進めるのはわずか50人の狭き門。練習当初は全く声が出なかった岩田アナだがSuperflyの「愛を込めて花束を」を必死に練習し、ついに1次予選に挑戦するも、やはり壁は厚く、1次敗退となってしまった。

 このVTRを見た加藤は「ベストか?岩田」と率直に質問。そして「オレ、岩田を過大評価してるのかな。もっとできると思うんだけど。自分でそういう感覚ない?」と訴えた。

 岩田アナは「この2カ月のベストは出した」と言うも、加藤は「キャパシティー、もっとデカいと思ってない?」と訴え。岩田アナは思わず「思ってます」と返答し、加藤は「岩田、行こう。来年やろうよ。追っかけないよ、勝手に受けるんだよ?」「ライフワークにしよう。まだまだキャパシティーはデカい。来年も」と、今後も受けるように熱く呼びかけていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス