文字サイズ

さんま、くりぃむ上田からLINEブロックされた!陣内、河本もラリーにうんざり

 タレントの明石家さんまが16日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、くりぃむしちゅー・上田晋也からLINEをブロックされていたことを明かした。

 アシスタントの飯窪春菜が、上田がテレビ番組で、新型コロナウイルスに感染して休養していた時期にさんまから激励のLINEが来たが、あまりのしつこさに「ありがたいんですけど、めんどくせぇ」と語っていたと紹介した。さんまは、上田の態度に納得しつつ、この日、村上ショージの代打で出演していた次長課長・河本準一に対しても「こいつ嫌がってるんですよ」と苦笑い。さまざまなタレントに“いやがられている”事実を明かした。

 河本は、自身がコロナを患った時にさんまへのLINEで普通に数字を打ってしまった際の状況を紹介。さんまから「え、お前、数字入れるの?」と問われ、「しまった」と大量の汗が噴き出た状態で急いで「カン十分からコン十分です(30分から40分をなまった発音で言うギャグ)」と返したという。

 さんまは自ら、陣内智則にも「わしやないかい!」を連発させたと自白。深夜の3時に

さんま「タカじゃなしトンビじゃなく」

陣内「わしやないかい」

陣内「勘弁してください、寝ます」

さんま「寝るの?」

陣内「寝てますよ!3時ですよ」

というラリーを行い、陣内に叱られたという。

 上田については、内容こそ明かさなかったが、やはりラリーを強要したようで「上田はブロックしましたからね、最終的に」と告白。心配だから、いろいろ質問したと自己弁護したが、上田からの“最後”のLINEは「ぼくコロナなんです。熱出てるんです。終わっていいでしょうか」だったという。「もうブロック解除してくれてると思うんですけど…(LINEが)来ないってことはまだブロックしてるのかも」と反省を込めて語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス