文字サイズ

DaiGo、生活保護者「助けたいなら身銭切れば?」 炎上発言非難の声に反論

 生活保護者への発言が炎上しているメンタリストのDaiGoが13日、ツイッターを更新。自身の発言を非難する人達へ「他人が何を大事だと思うかは、他人の勝手」「助けてあげたいほど大事なら、口出すよりも金出してあげたらいいんじゃない?」と反論した。

 DaiGoは7日に配信した自身のYouTube動画で、辛口回答として質問に答え「生活保護の人達に食わせる金があるのなら猫を救って欲しい」「自分にとって必要の無い命は僕にとっては軽い」など、ホームレス生活者や生活保護者の命を軽視するような回答を行い、批判が高まっていた。

 これに弟の謎解きクリエーターの松丸亮吾もツイッターで「今回ばかりは兄が悪い」と反応するなど反響が広がっていたが、DaiGoはツイッターで改めて「そんなに助けてあげたいなら、自分で身銭切って寄付でもしたらいいんじゃない?国がそういう人のために、みんなの給料から毎月3万円徴収しますって言い始めたら、皆さん賛成するんですかね?」と投稿。

 続く投稿では「他人が何を大事だと思うかは、他人の勝手」ともつぶやき「言うだけなら誰でもできる」と反論している。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス