文字サイズ

瀬戸大也の妻・馬淵優佳 自身の誹謗中傷告白「ルーツに関しての批判は嫌な気持ちに」

 東京五輪競泳男子代表・瀬戸大也の妻で飛び込み元日本代表、タレントの馬淵優佳(26)が1日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演。夫の瀬戸ら多くの五輪代表選手がネットで誹謗中傷を受けていることに関連し、自身も誹謗中傷を受けていると告白。覚悟の上でテレビに出ていると気丈に話したが、自身のルーツについて批判されることには嫌な気持ちになると話した。

 番組では、今大会では瀬戸以外にも卓球混合ダブルス金メダルの水谷準、サーフィン男子銀メダルの五十嵐カノア、体操男子個人総合金メダルの橋本大輝ら多くの選手がSNSで誹謗中傷を受けていることを取り上げた。

 MCの爆笑問題・田中裕二から「馬淵さんへのSNSでの誹謗中傷とかっていうのもあるんですか?」と聞かれた馬淵は「ありますね」と即答。「やっぱりテレビに出ることが多くなると、余計SNSでいろんなご意見いただくことが多いんですけど、それを覚悟の上で出てるので、特に私自身気にすることはないんですけど」と気持の強さを見せたが「やっぱり一つ、一番気になるのは」と話し出した。

 「国籍やルーツに関して批判する人がいるんですね。私、両親が中国出身で帰化して、日本で生まれ育ったんですけど、血筋は中国なので。『中国人だからこうだ』とか『中国人だから気が強い』とか、あと『中国に帰れ』とか、そういう意見をいただく。それは国を批判してると受け取りますし、両親に対しても言われてるように感じるので、すごい嫌な気持ちになるんですよ」と率直に語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス