文字サイズ

サンモニ関口宏が厚労省試算の甘さ指摘 「ものすごい見方が甘かったってことでしょ」

 TBS系「サンデーモーニング」が1日、ここにきて新型コロナウイルスが爆発的な感染を見せている状況を伝え、司会を務める俳優・関口宏が厚生労働省の試算の甘さを指摘した。

 番組では、東京の厚生労働省の試算と実際の感染者数のグラフを表示。厚労省は緊急事態宣言などの対策を講じた場合、赤い点線で7月末には500人強になると試算していたが、実際は31日に過去最多の4058人となった。

 関口が「その赤い点点点が下がっていくのはこれ、どこが構想したんですか?」と聞くと、フリーキャスターの橋谷能理子が「厚生労働省の試算です」と答えると、関口は「それ、ものすごい見方が甘かったってことでしょ」と驚きながら指摘。橋谷も「今からすると、そう言わざるを得ないですね」と厳しく話すと、関口は「ねえ」とあきれた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス