文字サイズ

加藤憲史郎 スケボー13歳・西矢の金メダルに「同じ中学生として誇り」

 同学年の西矢椛選手を祝福した加藤憲史郎
 金メダルを確定させ、涙でVサインする西矢椛=有明アーバンスポーツパーク(撮影・高部洋祐)
2枚

 東京五輪のスケートボード女子ストリートで、西矢椛選手が13歳で金メダルを獲得した。日本五輪史上最年少での快挙となったが、2007年8月生まれの西矢選手と同じ「中学2年世代」の才能は、芸能界でも輝きを放っている。兄・加藤清史郎(19)と兄弟そろって俳優として活動している加藤憲史郎(14)は、同学年の偉業に大興奮だった。      

 世界に名をとどろかせた西矢選手より1カ月早い、07年7月生まれの憲史郎。同世代として、「金メダルおめでとうございます。東京オリンピックという大舞台での緊張感の中、あそこまですがすがしく技を決められるのは本当にすごいと思います!」とニューヒロインを祝福した。

 自身は7歳の時に兄から引き継いだトヨタ自動車のCMキャラクター「2代目こども店長」で注目を集め、NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演するなど、幼少期から経験を積んできた。6歳の頃からスケートボードを始めて、頂点を極めた西矢選手に、「同じ中学生として誇りに思います。これからも勉強やスケートボードの両立も頑張ってください!応援しています!!」とエールを送った。

 芸能界で活躍する07年生まれの“西矢世代”には、フィギュアスケート元世界ジュニア女王・本田真凜選手(19)と女優・本田望結(17)を姉に持ち、自身もフィギュア選手のタレント・本田紗来(14)や、ファッション誌「nicola」専属モデルの足川結珠(ゆず、13)らがいる。

 また、過去の主な13歳の活躍としては、後藤真希(35)がモーニング娘。に加入し、「LOVEマシーン」のセンターとして金髪姿で衝撃デビューを果たしたのが13歳。SPEEDは「Body&Soul」でデビュー時に、メンバー4人の平均年齢が13・0歳で、上原多香子(38)が13歳だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス