文字サイズ

松本薫さんが号泣インタビュー“後継者”芳田司の銅メダルに「おめでとう!」

 「東京五輪・柔道女子57キロ級・3位決定戦」(26日、日本武道館)

 芳田司(25)=敬愛高=は銅メダル獲得にも笑顔はなかった。リパルテルアニ(ジョージア)との対戦で得意の内股で技ありを奪い、合わせ技一本で勝利をつかんだ。だが、金メダルを目指してきただけに、落胆の色をにじませた。

 試合後、NHKの中継に登場したロンドン五輪同級金メダルの松本薫さんが、思わず号泣。後輩に涙ながらにインタビューし、「おめでとう」と声をかける場面が放送された。続けて「司の今日の柔道は素晴らしかったと思う。今日の柔道はどうでしたか」と質問すると、芳田もこらえていた涙を流し「精神的にもまだまだ。技術もまだまだと思い知らされました」と言葉を絞り出した。

 松本さんは涙が止まらず「インタビューじゃなくなっちゃう。司のやってきたことは間違いない。司の柔道は素晴らしかった。おめでとうございます」と再び声をかけると、芳田はうなずいた。

 現役時代、“野獣”の異名を持つほど鋭い眼光が印象的だった松本さん。その後継者として、大きな期待を背負ってきた芳田は「次は私だという気持ちです。(松本さんは)気合とオーラがありましたし尊敬しています。内側から出てくる気迫を感じて、私もやってやるぞと」と語ったこともある。松本さんはその芳田の苦労、重圧をよく知るだけに、涙が止まらなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス