文字サイズ

鈴木奈々 マツコに悩みを告白し号泣、「わたしは求められていない」

 タレントの鈴木奈々(32)が12日、日本テレビ系「マツコ会議」(土曜、後11・00)にリモート出演し、マツコの優しい言葉に唐突に号泣した。

 鈴木が出演する前、マツコは鈴木について「一時の露出はすごかったけど最近は見なくなった。わたしは見たい人のひとり。面白いじゃない」などとほめていた。

 鈴木はマツコに悩みを告白。「23歳から30歳までは毎日毎日、仕事をさせていただいた。30代になって少しずつ仕事が減った」と話した。「コメント力が苦手。みちょぱとかコメント力すごい。あんな感じになりたい。尊敬している」と自信を持てないことについて率直に話した。鈴木はまた、「すっごく憧れの人がいる田中みな実さん、大好き」などと語った。

 マツコは「もっと志を高く」とし、「ダメだよ、同年代は。もっと闘ってほしい」と鼓舞した。

 鈴木は「本気で相談したいこと」として、「バラエティーが変わってきていると感じる。わたしみたいなのは求められてないんじゃないか」と自信を失っていることを明かした。マツコは即座に「そんなことない」と否定し、鈴木をテレビで見たいと思っている人はいると強い口調で話した。

 すると鈴木は泣き出し、ティッシュをとって涙をぬぐった。マツコは「どこが泣きどころだったの」と驚いた。鈴木が「なんで、ほめてくれるのか分からない」と泣きじゃくるなか、マツコは「だからあなたはすごいの。こんなバラエティークイーンはいない」と自信を持つように優しい言葉をかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス