文字サイズ

【5月18日のおかえりモネ】第2話 樹齢300年のヒバ 心を揺さぶられる百音だが…

森林組合の課長の翔洋(浜野謙太)と百音(清原果耶)
百音(清原果耶・左)と山主のサヤカ(夏木マリ)
2枚

 清原果耶が主演のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。5月18日は第2話が放送される。ヒバの木の運命は…。

 百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)の山の樹齢300年というヒバの木の存在を知って、心を揺さぶられる。森林組合課長の翔洋(浜野謙太)は、登米の伝統の能の定例会を週末に控えそわそわしていた。百音は能舞台の見学に行き、サヤカと川久保(でんでん)がヒバの伐採について話し合っているのを目撃する。その夜、百音の妹・未知(蒔田彩珠)の水産高校での取り組みのニュースを見て、百音は妹をまぶしく感じる。

 「天気予報は未来を予測できる世界」「自分も未来を知ることができたら」。宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で暮らしていたヒロインの百音は、移り住んだ登米で気象予報士の仕事と出会い、やがて上京し成長していく。「透明なゆりかご」の安達奈緒子によるオリジナル脚本で“希望ある未来をひらいてゆく”物語。主題歌はBUMP OF CHICKENの「なないろ」。魂のこもった心地よい曲で毎朝の元気と幸せを届ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス