文字サイズ

ボビー・オロゴン被告に罰金10万円 妻に暴行 険しい表情で「イエス」

 さいたま地裁を出るボビー・オロゴン被告(中央)=撮影・堀内翔
 さいたま地裁に入るボビー・オロゴン被告(撮影・堀内翔)
 さいたま地方裁判所(撮影・堀内翔)
3枚

 さいたま市の自宅で妻の左ほおを指で突いたとして暴行罪に問われた、タレントのボビー・オロゴン(本名・近田ボビー)被告(55)に、さいたま地裁は13日、求刑通り罰金10万円の判決を言い渡した。

 ボビー被告は初公判時のナイジェリア民族衣装ではなく、黒いスーツに銀色ネクタイ姿で出廷。一場修子裁判官は、暴行自体は軽微だが「ボコボコにする」と伝えて恐怖心を抱かせており悪質だと指摘。この文言が被告の口癖で、妻を落ち着かせるためだったとする弁護側の主張を退けた。

 英語の通訳を介して行われ、判決の中身をじっと聞き続けた。最後に判決内容を理解できたか問われると、非常に険しい表情で軽くうなずき、消え入るような声で「イエス」と発し、傍聴席に一礼して法廷を後にした。

 判決によると、昨年5月16日、妻の左ほおを右手の指で突く暴行を加えた。妻が110番通報し、現行犯逮捕された。

 逮捕翌日には妻が取材に対し「さまざまなDVを受けてきました」と主張。被告は初公判前に反論文を公表し「事件当日のケンカを妻が録音していたことや、離婚の準備のために私の収入を調べたりしていることを考えると、妻のトラップにはまってしまった」としていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス