文字サイズ

「おちょやん」ついに最終回 制作統括「千代がつかんだ家族、幸せ、覚悟、希望を見届けて」

 14日に本編の最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「おちょやん」
 14日に本編の最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「おちょやん」
2枚

 女優・杉咲花がヒロイン・千代を演じているNHK連続テレビ小説「おちょやん」(総合、月~土曜、前8・00ほか)が15日に最終回(物語のラストは14日)を迎えるにあたり、13日、大阪拠点放送局・櫻井壮一チーフプロデューサー(制作統括)がコメントを発表した。

 櫻井氏は視聴者に感謝した上で、14日の“千秋楽”について「千代と一平の集大成といえる『お家はんと直どん』の舞台は無事成功するのか。そして、これまでさまざまな困難に向きあい、乗り越えてきた千代が行き着く場所はどのようなものなのか。千代がつかんだ、家族、幸せ、覚悟、希望を丸ごと見届けていただけるとうれしいです」とPR。

 最後に「波乱万丈で、泣き笑いの人生を歩んできた千代の物語を、ぜひ最後までお楽しみください」と呼びかけた。「おちょやん」はコロナの影響で当初の昨年9月末スタート予定が2カ月遅れ、11月30日に開始。杉咲の大阪弁を巧みに操った演技に注目が集まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス