文字サイズ

加藤浩次、池江へ辞退求める声送った人は「卑劣だと思う」

 極楽とんぼの加藤浩次が10日、日本テレビ系「スッキリ」で、競泳の池江璃花子へ、東京五輪について「辞退してほしい」「反対の声を上げて欲しい」などのメッセージを送った人へ「卑劣だなと思う」と語った。

 番組では、池江のSNSへ「五輪反対の声上げて」「五輪辞退して」などのメッセージが届き、池江が「私に反対の声を求めても、私はなにも変えることができません。ただ、今やるべき事を全うし、応援して頂いている方達の期待に応えたい一心で日々の練習をしています」などのメッセージをSNSにアップしたことを取り上げた。

 同じアスリートの元競泳日本代表の松田丈志氏は「(池江の)影響力を使って、ある意味開催してほしくない人が、自分たちの声を拡大して伝えて欲しいということ、それ自体は良くないこと」と池江を利用することを疑問視。

 加藤も「直接、池江選手に(メッセージを送ることを)するって、池江選手もなんて言えばいいの?と思うし、一所懸命頑張って、病気を克服して、それを利用するっていうのは、ぼくはダイレクトメッセージを送っている人は卑劣だなと思う」とコメント。

 そして「やり方としては、選手に言うことじゃないし、IOCなり、組織委員会に訴えるべきことで、選手は別」とも語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス