文字サイズ

宮藤官九郎が告白「俺の家の話」ラスト変更計画もあった 現実とリンクし過ぎて

 脚本家で俳優の宮藤官九郎が9日、TBS系「TBSレビュー」に出演し、同局系ドラマ「俺の家の話」のラストに変更計画もあったことを明かした。

 この日は、宮藤と同ドラマの磯山晶プロデューサーがゲストとして出演。ドラマは主人公・観山寿一(長瀬智也)が亡くなるという衝撃の最終回だったが、視聴者からの「大団円で終わらせてほしかった」という意見が寄せられた。

 司会を務める豊田綾乃アナウンサーが「結末は最初から決めていたんですか?」と尋ねると、磯山プロデューサーは「最初からですね」ときっぱり。「『俺の家の話』というタイトルを決めたときに、最後のモノローグは『俺のいない俺の家の話』にしましょうっていう話にしました。(主演の)長瀬(智也)君の(ジャニーズ事務所)退所が決まってなくても、続編が作れないように作ってた」と説明した。

 宮藤は「長瀬くんがこのドラマが終わったらしばらく休むという話になったときに、あまりにもリンクし過ぎるなと思って、一度『何か思いついたら結末変えてもいいですか?』って言った」と現実をイメージさせるような終わり方を危惧したことがあると明かした。ただ、長瀬自身は結末を気に入っていたようで「別に変えなくていい」という意見だった。宮藤も「長瀬くんが気に入ってるんだったらそれでいいんじゃないかって、このままでいきましょうって」と当初の計画とおり、寿一が亡くなる形にしたという。

 ドラマは大好評で、宮藤自身は「褒められるときってこれぐらい褒められるんだって基準になりました。最近忘れてました。怒られたり、たたかれたりが多かったので」と喜びを表現した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス