文字サイズ

宝塚歌劇団の功労者・轟悠、大階段でのあいさつなしは「専科になったときから決心」

 退団会見で手を振る轟悠(撮影・吉澤敬太)
 笑顔で退団会見を行う轟悠(撮影・吉澤敬太)
2枚

 10月1日付けで退団する宝塚歌劇団の“トップ・オブ・トップ”と称される特別顧問で専科の轟悠(とどろき・ゆう)が18日、大阪市内で会見を開いた。歌劇団やファンには「ありがというという言葉しかない。専科に残る選択は正解でした」と感謝した。

 轟は1997年に雪組トップに就任し、2002年、宝塚の至宝と謳われた故春日野八千代さんの後継として専科入り。その彫刻のような圧倒的美貌と的確な演技で、歌劇団を牽引してきた。

 今後の退団までのスケジュールは、外部劇場の主演とディナーショーのみ。歌劇団の功労者でもあり、ファンからも大劇場でサヨナラショーや大階段での挨拶はないことを残念がる声も多い。だが「これも私からお願いしたこと」とキッパリ。専科入りしたときから「雪組のトップとして退団するのではないかぎりやらないと、決心していた」と、20年前からの轟らしい線引きであったことも明かしていた。

 「婆娑羅-」でもサヨナラショーなどを併演しない。「(演出の)植田紳爾先生は、生徒をとても愛して下さっていますが、そこもお願いして」と轟。「静かに退団させて欲しいと。それが一番私らしい」と笑顔を見せていた。

 轟は7月に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(9~15日)、東京芸術劇場プレイハウス(21~29日)で上演される「婆娑羅の玄孫」に主演。8月にホテル阪急インターナショナル(23、24日)、9月にパレスホテル(21、22日)でのディナーショーが最後となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス