文字サイズ

『愛ちゃんの死』トレンド入りに「どの愛ちゃん?」と不安の声 実は…

 「愛ちゃんの死」という、なんとも物騒な言葉が7日、トレンド入りした。「愛ちゃんの死って何?」「愛ちゃんってどの愛ちゃん?」「誰が死んだの?」という不安の声がネットで飛び交った。

 だがこの「愛ちゃんの死」は、宝塚歌劇団星組の「ロミオとジュリエット」が、動画配信サービス「タカラヅカ・オン・デマンド」でライブ配信されたためトレンド入りしたもの。同作品には物語のテーマをダンスで表現する「愛」と「死」の役が登場。A日程とB日程で配役が異なるが、この日に配信されたB日程の「死」を演じた星組スターの愛月ひかるが、ファンから“愛ちゃん”と呼ばれていることから、役名を指しての「愛ちゃんの死」だった。

 通常「死」は若手の有望株が演じることが多いが、今回、押しも押されぬ上級生の人気スター愛月が演じた。そのためファンから「愛ちゃんの死の存在感ハンパなかった」「愛ちゃんの死がめちゃくちゃ素敵」「愛ちゃんの死が色っぽすぎる」といったツイートが相次いで投稿された。

 またA日程では愛月はロミオと敵対するティボルトを、「死」は若手スターの天華えまが熱演。こちらのA日程は3月29日に「タカラヅカ-」で配信される。

 愛月は2007年初舞台。173センチの恵まれた体格で、宙組に配属後、早くから注目されていた。19年2月26日付で、専科へ異動となるが、同年11月1日付で再び星組に異動。トップスターの礼真琴に次ぐ役を演じている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス