文字サイズ

【3月6日のおちょやん】第13週「一人やあれへん」一平の二代目襲名を巡り奔走する千代

千代(杉咲花)は一平(成田凌)と、一平の母を訪ねて京都の嵐山へ
置屋で女将に質問する千代(杉咲花)と一平(成田凌)
2枚

 杉咲花主演のNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。3月6日の土曜日は第61~65話を振り返る。ドラマにも登場する黒衣(桂吉弥)の案内で、一週間の泣き笑いハイライトをまとめてどうぞ。

  ◆  ◆

【今週のあらすじ】

 千代(杉咲花)とひとつ屋根の下で暮らすことが気まずく、ひとり暮らしを始めた一平(成田凌)。鶴亀の大山社長(中村鴈治郎)から父の名前を継ぎ、二代目天海を襲名するように言われる。一平は断るが、これは社命だという。一平が襲名したくないのは、父親への恨みが理由だった。千代は一平の母・夕(板谷由夏)に会い、襲名を説得してもらおうと、千之助(星田英利)から居場所を聞き出す。そして一平を連れ出し、京都に向かう。

  ◆  ◆

 女優の道に全てを懸けるヒロインが喜劇界のプリンスと結婚し、昭和の激動の時代に大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく姿を描く「おちょやん」。卓越した演技力でいま最も注目される女優のひとり、杉咲花がヒロインを熱演。脚本は「半沢直樹」「家政夫のミタゾノ」など多くの注目ドラマを手掛けてきた八津弘幸。秦基博が書き下ろした主題歌「泣き笑いのエピソード」は、悲喜こもごも巻き起こる「おちょやん」の毎日に彩りを添える。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス