文字サイズ

近江アナ、ついに泣く T字路sの歌詞に共感「どこに居ても道はある…すごい素敵」

 NHKの近江友里恵アナウンサーが5日、同局「あさイチ」に最後の出演。「特選!エンタ」コーナーに登場した男女2人組ユニット・T時路sの歌に、こらえきれず涙を流す一幕があった。

 近江アナはこの日で「あさイチ」を卒業。プレミアムトークゲストはムロツヨシで、後半の「特選!エンタ」では、今話題のブルースユニット、T字路sが登場し、生演奏を披露した。

 その中でT字路sが最後に披露したのが「泪橋」という曲。演奏前にボーカルの伊東妙子が「近江さんと、皆々様の未来が、実り多きものでありますようにと祈りを込めて、人生の応援歌、泪橋をお送りします」と伝え、歌に入った。

 歌の最中、近江アナにカメラが切り替わると、ここまで涙を見せなかった近江アナの目には涙がいっぱいたまっていた。

 歌い終わると近江アナは涙を流して拍手。華丸大吉から「近江ちゃんも泪橋?」とからかわれると、白いハンカチで目元を押さえた近江アナは照れ笑いしながら「『どこに居ても道はあるだろう』という歌詞もすごい素敵でした」と感激していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス