文字サイズ

木村太郎氏、アメフット経験者だった「何回もQBつぶしてこいと言われた」

木村太郎
1枚拡大

 ジャーナリストの木村太郎氏が25日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」で、アメリカンフットボールの経験者であることを打ち明けた。

 番組では、日大アメフット部選手が無防備な関学大QBを悪質なタックルで負傷させたことから始まり、いまや日大が大炎上している問題を特集。日大アメフット部首脳陣から当該選手に「つぶせ」という指示があったことも批判されている。

 これについて木村氏は「僕は高校時代、フットボールやってたんですよ」と、アメフット経験者であることを告白。

 「つぶせ」という表現そのものについては「何回もね、QBつぶしてこい、壊してこい、言われたことよくあります。球持ってるQBがプレーできないくらいぶつかっていけって。それはね、合法的なプレーなんです。それをね、つぶせとか壊せっていうのはね、フットボール用語としてあったわけです」と説明した。

 木村氏は「決してそれはね、ホイッスルが鳴ってるのにあそこまで追っかけてって、後ろからブロックするなんて、そんなことは到底思っていない」と、日大選手の悪質タックルとは全く異なる意味合いであることを強調。

 その上で「そういう言葉(つぶせ、壊せなどの)は今はもう通用しなくなったんだなということはよく分かりました」と話した。また、「フットボールのコーチで言葉がセンシティブな人なんていないですよね。だいたい乱暴ですよ、言うことは」とも指摘した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス