文字サイズ

伍代夏子 喉のジストニアと診断…「お仕事は続けていきたい」、公式サイトで

 歌手・伍代夏子(59)が2日、喉のジストニア(けいれん性発声障害)を患っていることを公表した。所属事務所は公式サイトで、「2年前から喉の違和感を訴え、歌だけでなく、普段の会話も困難な状況が続いておりました」と報告。関係者によると、昨年末にジストニアの診断を受け、投薬治療を続けているという。

 五代は「前向きに治療に取り組んでいます。歌が歌えなかったり、時には話すことも億劫(おっくう)になってしまうのですが、身体は元気なのでできるお仕事は続けていきたいと思っています」とコメント。

 6月9、10日には山本譲二、市川由紀乃とのジョイントコンサートを控えるが、回復具合で出演を検討する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス