文字サイズ

独ラジオ司会者酷評のち謝罪… BTSは「くだらないウイルスだ」

 ドイツメディアは26日、同国のラジオ番組司会者が生放送中の発言で、世界的に人気の韓国男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」を新型コロナウイルスに例えるなどし、司会者とラジオ局が謝罪に追い込まれたと報じた。各国のファンから人種偏見だと非難が集中したという。

 BTSは英ロックバンド、コールドプレイの曲「フィックス・ユー」をカバーしており、ドイツ南部バイエルン州のラジオ局の男性司会者は24日、カバー曲について「これは冒とくだ」と批判。BTSに関しても「くだらないウイルスだ」と酷評した。

 司会者はその後の声明で、高く評価していた曲をBTSがカバーして腹立たしかったとした上で「人種差別的な意図はなかった。心から謝罪したい」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス