文字サイズ

井上和香 コロナ感染の後遺症続く「咳と息切れ」

 昨年末に新型コロナウイルスに感染し、仕事復帰した女優・井上和香(40)が28日、ブログを更新。後遺症について説明した。

 感染についてブログで経過、症状などを詳細に伝えていた井上。読者からの反響も大きく、特に後遺症についての質問が多かったという。

 井上は「主人と娘にはなく、私だけ空咳のようなものと息切れの後遺症があります」と明かし、「もともと療養していて体力も落ちてるからというのもあるかもしれませんが、この2つに関しては、治りそうで治りません。。。」と説明した。

 普通に生活する中ではあまり息切れの症状は出ないが、「保育園の送り迎えの電動付き自転車を漕ぎ保育園まで着くと、結構な勢いで走ったような息切れになる感じ」と明かし、「でも咳のほうがつらいです」とつづった。

 「電車とか人が多いところで咳が出そうになると我慢しようとしちゃいます。だけど、我慢すると余計に止まらなくなっちゃうんですよね…」と咳の悩みを打ち明けていた。

 昨年12月29日に井上の陽性が判明。翌日に映画監督の夫・飯塚健氏と5歳の娘が抗原検査を受け、夫は陽性で娘は陰性だったが、数日後に再度受けたPCR検査で、娘も陽性に。井上自身は倦怠感と止まらない咳、痰、息苦しさの症状が続いたことをブログで明かしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス