文字サイズ

「麒麟」本当に来るのか!? 光秀生存説かとネット考察沸く…残り2回

 佳境を迎えているNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、24日の第42回「離れゆく心」で、明智光秀(長谷川博己)が本能寺の変を起こす動機が固められてゆく様子が描かれた。一方で、物語の主題は、王が仁ある政治を行い、平和な世が訪れた時に現れる聖獣・麒麟が、いつやって来るのか。ドラマは残り2回。光秀が史実・定説通りに事変後に山崎合戦で敗れ小栗栖で果ててしまっては…ネット上では「本当に麒麟は来るのか!?」との突っ込みも多数入りながら、考察が盛り上がっている。

 正親町天皇(坂東玉三郎)や、追放された将軍足利義昭(滝藤賢一)の言葉によって、次々に人心が離れてゆく織田信長(染谷将太)のやり方に光秀の義心がかりたてられる中、第42回では、信長から嫡男・松平信康と正妻・築山殿の粛清を迫られた家康から、信長への不信を打ち明けられた。

 大詰めを前に、幼少時から慕われている家康との絆が描かれたことで、ネット上では「生存説をとるのか」「天海ルートをとるのか」と、光秀が後に家康に重用され江戸幕府参謀、天海僧正になったとの異説も指摘されるなど、麒麟が訪れる結末に注目が集まっている。

 24日の放送後、ドラマの公式ツイッターでは、家康を演じる風間俊介が「自分の国や人生を懸けた決断を相談する。そのときの家康は、三河を束ねる一国のあるじとしてではなく、幼いころに干し柿をもらったことのある、戦国を生きるひとりの男として相談しているのでは。肩書や地位を脱ぎ捨てて話ができるのは、きっと明智様だけなんだろうなと」とコメントしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス